小畑 暁・赤尾誠二の 挑戦!ブドウ栽培とワイン醸造

雨の日も風の日も台風の日も!私達が農園と蔵から新鮮情報をお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

硬核期

やっと晴れ間が戻ってきました。今週は天気回復傾向!
i-R0013106-1.jpg
シャルドネの粒肥大、順調に進んでいます。
明らかに、2週間前とすると大きくなってキテマス。
現在11㎜程度。シャルドネ種も固くなりはじめました。
i-R0013120-2.jpg i-r080629.jpg
白く柔らかい種がうっすらと茶色くなりはじめ、固くなりました。
これを硬核期といいます。種の骨格ができてきました。
硬核期が進んでくると、果実自体が柔らかくなりはじめ、
ベレゾーンを迎えます。今は、キョーレツに酸っぱいシャルドネ。
梅干しを食べたような酸っぱさです。まずくはないですが、酸っぱい。
i-R0013098.jpg
それから、べレゾーンに入れば、徐々に酸が減ってきて、
黄金色に変わりはじめ、糖度が増してきます。こうなってくると、
種もカリカリになってきます。
食べても美味いシャルドネです♪皮が美味いんですヨ!

赤尾
スポンサーサイト
  1. 2008/06/30(月) 09:55:39|
  2. 栽 培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

蕎麦にあうワイン

fukuoka.jpg i-R0012956.jpg
先日、福岡のセミナーに参加してきました。
販売についてのセミナーで、POPの書き方やディスプレイの
仕方によって、売り上げが変わるという面白いお話でした。
目で見える情報が特に大事で、心理を大きく左右します。
いいセミナーに参加できてよかったです。
自然派ワインのテイスティングもよかったです。

i-R0012957.jpg i-R0012961.jpg
夜は、知人の紹介で、和風居酒屋に連れて行ってもらいました。
大橋駅近くの「晴れ屋」という居酒屋です。
魚が美味しいくてビックリしました。旬のお野菜と魚料理、肉料理。。。
そこのお店の大将曰く、蕎麦にこだわっているので、
「蕎麦にあうワインを教えてくれ」と。。。
蕎麦とワインの相性って、今まで考えたことが無かったので、
戸惑いました。蕎麦自体の風味と合うワインってナンダ???

早速、鹿児島の尊敬するソムリエさんに相談してみました。
すると。
●お醤油系の濃い味付けのつゆにはドライロゼ。
●えび天などの天ぷらと一緒にでしたら樽熟シャルドネ。
●蕎麦自体の香りとでしたらアンウッドシャルドネを日本酒感覚で。
●梅肉やシソの葉を加えたアレンジした蕎麦とでしたら梅ワインと。
と連絡いただきました。なるほど~。さすがだと思いました。
今度、実験してみたい面白い組み合わせです。勉強になりました♪

お店では、酔っ払い&緊張して、勢い余って、蕎麦つゆを自分の服に
ドバッとかけてしまい、大騒動!大将がTシャツを買ってきてくれて、
トイレでシミ抜きしました。。。ご迷惑おかけしました。m(__)m

赤尾
  1. 2008/06/28(土) 09:00:14|
  2. ワインと食・健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

気根

i-R0012984.jpg
今日も雨。一昨日は、久しぶりに雨があがり、ホッとしているとに
また雨。。。明日から少しいい天気が続くとのことですが、
今年は、とにかく雨の多い6月になっています。
今月だけの雨量は、700㎜オーバー。ワイン銘醸地の1年分の雨。
日照時間も6月で60時間程度・・・。太陽の無い6月です。

こんな年に多く見るのが「気根(きこん)」。
一部の畑で、長い気根を見つけました。
空中湿度が高いので、こうして枝から根が出てきます。
初めて見た時は、不気味な印象を受けました。
食べてみるとゴボウのような味がするんですよ。根っこだ。

カラス
それから、特に今年よく見るのが、カラスの大群。。。
初夏と秋に見かけますが、今年は、数が多い。。。


赤尾
  1. 2008/06/25(水) 14:59:17|
  2. 栽 培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大雨の中のブドウ園

i-R0012775.jpg
今年の梅雨は、大雨の日が多いです。
今月に入って、晴天の日は、数えるほど。雨の多い6月。
農場での作業は、カッパを手放せません。7月中旬までは、
バタバタと作業に追われます。
i-R0012818.jpg
シャルドネは、一次肥大(10㎜程度)になりました。
新梢の様子も変化が見えてきました。特にわき芽の伸長が
止まりだしました。もう、これ以上伸びなくて済みそうです。
i-R0012873.jpg
枝も筋張って、固くなりはじめたので、果実の種も少しずつ
固くなりはじめるのかもしれません。

早く梅雨明けしてほしいです。
いつまでこの天気が続くのでしょうか。。。

赤尾
  1. 2008/06/20(金) 07:25:57|
  2. 栽 培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

梅雨時の爽やかな太陽

i-R0012724.jpg
ホント、久しぶりの晴天になりました。
心地よい風と気持ちいい太陽、青空。久しぶりです。

農場では、目標にしていた作業が無事終わりました。
誘引の2回目、房の肩落とし、枝切りなど、目白押しに
作業が重なっていました。しかも連日の雨。。。
i-R0012703.jpg i-i-R0012709.jpg
来週は、晩生品種の手入れに入ります。
それから、袋かけもはじめます。
もう一月もすれば、着色期にはいります。
現在は、一次肥大が終わり、来週、再来週で二次肥大。
ぐんぐんと大きくなります。

今日は、ラッキーなお客様が福岡から来てくださいました。
市内飲食店で働く中島君。21位歳。将来は、ソムリエ志望。
たまたま瓶詰もしていて、見ることができましたし、
梅雨合間の晴天で、ブドウ畑もじっくり見ることができました。
ラッキーでしたね。また来てくださいね!

赤尾
  1. 2008/06/13(金) 16:56:55|
  2. 栽 培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白黒でブドウ

i-R0012634-3.jpg
最近買った、リコーのR8。このコンパクトデジカメは、
白黒モードもあったんです。昨日、ふと思い出して、早速農場へ。。。
5耕区の近くにある樹で忙しそうに、どっちに動くか予測できないほど、
ちょこまかと動いているアリ発見!元気でした。
i-R0012622-2.jpg
梅雨入りしてからの都農は、ホント雨ばかり。
雨、雨、雨。雨間をみて、農場で定点観測。。。
シャルドネの一次肥大順調に進んでいて、現在5㎜程度。
例年よりも若干小振りですが、揃っています。
i-R0012649.jpg
ブイブイに食害された葉。
ほとんど見かけないのですが、たまたま発見しました。
この、ブイブイにどの部位の葉が食べられたか。。。
地元有機農業研究会の方々にアドバイスをいただき、
来年の栽培対策に向けての一つのいい指標になります。

それにしても、白黒でブドウを撮ると不思議な感じです。
白黒の写真を撮ったことが無かったので、初!です。
白黒ですが、色合いが見えるような感じで、悲しくも感じます。
でも面白いです。ときどき、白黒実験してみよ~♪

赤尾
  1. 2008/06/10(火) 18:57:56|
  2. 栽 培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

都農ワインの「うめわいん」ビンテージ2008

i-IMGP8166-1.jpg
梅雨時期に仕込まれる都農ワインと言えば!
「うめわいん」
都農町の尾鈴山のふもとにある、轟(とどろ)立野(たての)地区の
鶯宿(おうしゅく)と言う梅を使った「うめわいん」。
都農は、ブドウ以外にも梅の産地でもあり、県内1の生産を誇っています。
i-R0012432-1-2.jpg i-R0012433-1-3.jpg
10日間追熟させ、黄色くなったものです。
今年の鶯宿は、とっても華やかで、蜜の香りが強く特徴です。
『まるで桃のような香り♪』

この香りがそのまま、ビンに詰められたら。。。と思いながら、
今年もバージョンアップさせた醸造方法で挑みます。

i-IMGP1855.jpg
今年は、春先の寒暖の差に恵まれて、充実した花を多く咲かせ、
小振りですが、味のつまった梅になっています。
生産者の協力で、収穫時期の短縮や品質基準を一定にするなど
収穫時期からひと工夫していただき、品質の揃った梅をいただきました。
写真は、2月の梅畑。

i-IMGP1871-4.jpg i-IMGP1880-5.jpg
2月中旬に咲いた梅の花がようやく収穫されるようになりました。
ブドウと同じく、開花から収穫まで100日~110日。ビッタシです。
そう、梅にもブドウと同じように「ビンテージ」があります!

都農ワインの「うめわいん 2008」いよいよスタートです!

それから、なんつったって!うめわいんは、体にいい!!
うめワイン1本(750ml)に、ナント、レモン1個分に相当する
約4gものクエン酸が含まれています。
クエン酸は、ミネラルの吸収を高め、血液さらさら効果など、
さまざまな有益な働きがあります。

7月中旬リリースに向けて、フツフツと発酵をはじめます。
お楽しみに!!であります!!


赤尾
  1. 2008/06/05(木) 17:53:56|
  2. 醸 造 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

梅雨合間の太陽

20080605c2
梅雨入りして、ホント雨ばかり。。。
この数日でナント、150mmの雨量。畑の中は、田んぼのようです。。。
そんな雨の中、農場では、作業を進めています。
今、房の肩落とし、房出しをしていて、
誘引2回目もしています。作業が重なっていますが、
来週中には、大きくめどが経ちそう。。。

今年は、実験的に、台風対策で1房1房に袋をかけてみます。
どれほどの効果があるかは解りませんが、やってみようと。。。


赤尾
  1. 2008/06/05(木) 16:04:54|
  2. 栽 培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

粒ぞろいのシャルドネ

i-R0012408-2.jpg
粒が5㎜ほどの大きさになってきたシャルドネ。
シャルドネは、満開から10日前後経ちました。
花カスの飛びが悪く、気になる畑もありますが、
粒の揃いもよく、順調です。
i-R0012414.jpg
満開から収穫までの期間は、100日から110日が収穫と言われます。
そう、都農では、シャルドネの収穫が8月下旬ころになります。

今年は、枝の伸び方がじっくりしていて、枝が短いです。
いい表情です。ビンテージ2008、収穫まであと3か月!

宮崎も梅雨入り、、、昨日は、晴れ間を見て農場へ。
今は、枝おろしや残りの誘引、房作りと2回り目に入り、
作業は、少し追われている感じです。


赤尾
  1. 2008/06/02(月) 06:53:06|
  2. 栽 培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ようこそ都農ワインへ!!


小畑 暁      赤尾誠二



キャンベル 甘口ワインの最高峰

カテゴリー


都農ワイン [TSUNOWINE]


rola.gif

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

都農ワインサイト内リンク

このブログをリンクに追加する

コミュニティー リンク

ぶどう園の四季(hyakusyo)

角田発 田んぼ通信

ワインと日々のお惣菜

よし子ちゃんの九州・鹿児島レポート

ニューヨーク時々ワイン

Akko’s favorite

宮崎で美味しいものを

銭屋亀ゑ門 子育て四方山話

グランドスラム

死ぬまでにしたい10億のこと

葡萄のねっこ

pinot-noir

篠原ぶどう園

:ぶどう畑:

在宅ワーカーどたばた日記

べんちゃん日記

自家製麺 縁らぁめん

Reef city Tours

なないろ屋

Dance(六本木)

寄り道主義のデザインライフ

梅もんじゃ けんぼー農園

オーストラリア移住計画~まずはアデレードより’07

◆ Mangiare Felice ◆ 食べて飲んで幸せ

お食事処 田舎家

日本ワイン伝道師

Nandemo勝手に広報部

最近のトラックバック

月別アーカイブ

プロフィール


小畑 暁(おばたさとる)
1958年:北海道旭川生れ
帯広畜産大大学院修了(農産化学専攻) 、1984年:海外青年協力隊員としてボリビアへ
1988年:南九州コカ・コーラ海外事業部就職 関連ワイン会社にてワイン醸造研修 1992年:ブラジルの現地法人ワイン工場に支配人として赴任、ブラジルのワインコンテスト新酒部門で1位に入賞
1996年:(有)都農ワインに工場長として就任
2001年:県地域づくり奨励賞受賞

そして:

赤尾誠二(あかおせいじ)
1974年:宮崎県児湯郡川南町生まれ
1993年:高鍋農業高校卒業
同年4月:技師として都農町役場に採用、宮崎県食品加工開発研究センター微生物応用科で一年間研修、都農町果実酒醸造研究所にて3年間の試験醸造に携わる
1994年:山梨のワイナリーにて研修
1996年から都農ワイナリーで栽培、醸造に携わる
2000-2001年:カリフォルニア サクラメントで開催されたUnified Wine&Grape Symposiumに出席
2006年2月:日豪交流事業の一環として、日本を代表して、豪ティンタラワイナリーで2ヶ月半の醸造研修
豪交流年プレスにて紹介
同年8月都農町役場退職、有限会社 都農ワイン就職、工場長代理となる。

お問合せ

(有)都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501FAX:0983-25-5502
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。