小畑 暁・赤尾誠二の 挑戦!ブドウ栽培とワイン醸造

雨の日も風の日も台風の日も!私達が農園と蔵から新鮮情報をお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

樹齢19年 マスカット・ベリーAの房づくり。

梅雨らしい天気が続いています。パラパラと連日雨が降っています。
マスカット・ベリーAの房づくりをはじめました。
20070619174310.jpg 20070619174327.jpg
老木は、1枝に1房。若木は1枝に2房。という作業目安で進めました。
20070619174336.jpg 20070619174404.jpg
特にベリーAは、多くの粒を持ちますので、ある程度摘粒をします。
この作業を房づくりと言っています。写真左は、房づくりする前。
写真右は、摘粒後の写真です。およそ10cmほどにします。

1樹、1枝に実らせる果実を「着果(ちゃっか)」と言います。
着果が多いと果実への養分消費が多くなるので、樹は、着果による負担が
大きくなり、果実がなかなか熟れず、着色、味が薄くなってしまいます。
また、枝に多くの実を着け過ぎると、翌年の芽の不充実まで招き、年々樹が
弱ってしまうことになります。作柄をみながら摘果していくことが大事です。
そして、摘果に加えて、着果負担による養分の消費が多くなる分、土づくりを
して、肥料を与えています。養分の消費が多くなる分を補っていきます。

20070619174413.jpg 20070619174422.jpg
ベリーAの古い樹では、樹齢19年目をむかえる樹もあります。
地元の農家さん曰く、「樹齢20年前後になると、生産制が落ちるので、
改植をする」そうです。確かに、数年前は、枝も伸びず、実も小ぶりで
いいブドウが実りませんでした。そこで、3年前から若木改植をはじめて
いますが、先輩ブドウ生産者の黒木玲二さんから、剪定と房づくりの
アドバイスをもらっています。結果、老木が少しずつ回復してきました。
生産制も大事ですが、樹齢のもたらす味わい深さもおもしろいです。
一部のエリアで、老木を残し、大事に管理していきたいと思っています。

akao
  1. 2007/06/19(火) 17:46:37|
  2. 栽 培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<うめワインは レモン1個分のクエン酸 | ホーム | オーストラリアと都農ワイン。>>

コメント

rei2さん

そうですよね。
樹齢のもたらすワインの味わいは、
未知の世界ですから、大事にしていきたいです。

お陰で、房づくりのほうは、昨日で終わりました。
やっと少しずつ作業が追いつきそうです。
  1. 2007/06/20(水) 07:26:33 |
  2. URL |
  3. akao #-
  4. [ 編集]

そうなんだよね、樹齢のもたらす果実への充実や、そこから生じるワインへの効果は未だ未知の世界だからね。
可能性を追って行きたいね。
  1. 2007/06/19(火) 21:18:51 |
  2. URL |
  3. rei2 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsunowine55.blog46.fc2.com/tb.php/210-6d4b0e64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ようこそ都農ワインへ!!


小畑 暁      赤尾誠二



キャンベル 甘口ワインの最高峰

カテゴリー


都農ワイン [TSUNOWINE]


rola.gif

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

都農ワインサイト内リンク

このブログをリンクに追加する

コミュニティー リンク

ぶどう園の四季(hyakusyo)

角田発 田んぼ通信

ワインと日々のお惣菜

よし子ちゃんの九州・鹿児島レポート

ニューヨーク時々ワイン

Akko’s favorite

宮崎で美味しいものを

銭屋亀ゑ門 子育て四方山話

グランドスラム

死ぬまでにしたい10億のこと

葡萄のねっこ

pinot-noir

篠原ぶどう園

:ぶどう畑:

在宅ワーカーどたばた日記

べんちゃん日記

自家製麺 縁らぁめん

Reef city Tours

なないろ屋

Dance(六本木)

寄り道主義のデザインライフ

梅もんじゃ けんぼー農園

オーストラリア移住計画~まずはアデレードより’07

◆ Mangiare Felice ◆ 食べて飲んで幸せ

お食事処 田舎家

日本ワイン伝道師

Nandemo勝手に広報部

最近のトラックバック

月別アーカイブ

プロフィール


小畑 暁(おばたさとる)
1958年:北海道旭川生れ
帯広畜産大大学院修了(農産化学専攻) 、1984年:海外青年協力隊員としてボリビアへ
1988年:南九州コカ・コーラ海外事業部就職 関連ワイン会社にてワイン醸造研修 1992年:ブラジルの現地法人ワイン工場に支配人として赴任、ブラジルのワインコンテスト新酒部門で1位に入賞
1996年:(有)都農ワインに工場長として就任
2001年:県地域づくり奨励賞受賞

そして:

赤尾誠二(あかおせいじ)
1974年:宮崎県児湯郡川南町生まれ
1993年:高鍋農業高校卒業
同年4月:技師として都農町役場に採用、宮崎県食品加工開発研究センター微生物応用科で一年間研修、都農町果実酒醸造研究所にて3年間の試験醸造に携わる
1994年:山梨のワイナリーにて研修
1996年から都農ワイナリーで栽培、醸造に携わる
2000-2001年:カリフォルニア サクラメントで開催されたUnified Wine&Grape Symposiumに出席
2006年2月:日豪交流事業の一環として、日本を代表して、豪ティンタラワイナリーで2ヶ月半の醸造研修
豪交流年プレスにて紹介
同年8月都農町役場退職、有限会社 都農ワイン就職、工場長代理となる。

お問合せ

(有)都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501FAX:0983-25-5502
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。