小畑 暁・赤尾誠二の 挑戦!ブドウ栽培とワイン醸造

雨の日も風の日も台風の日も!私達が農園と蔵から新鮮情報をお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ワインセミナー 「宮崎のワインと焼酎」

先週、ワインセミナーに参加しました。
2月24日、宮崎観光ホテルで、ソムリエ協会九州支部第1回例会が行われ、講師として、田崎真也氏がお見えになりました。有資格者、会員を含め170名の参加者を前に講演がありました。演題は、「宮崎のワインと焼酎」という題目です。

県内産の焼酎11アイテム、ワインでは、都農ワインのシャルドネ9アイテム、綾ワイン3アイテムの12アイテム。ブラインドテイスティングをしながら、色、香り、味わい、原料などを探り、そのような香りが何故するのか、また、醸造方法や熟成によってもたらされる事などを解説しながら、2時間にかけて行われました。
h-IMG_0009.jpg h-IMG_0016.jpg
とっても楽しかったです。
それにしても、焼酎のテイスティングは、キキマス・・・。飲み込まずに吐き出しているのですが、ジワジワ・・・とキイテキマス。

麦、米、芋、蕎麦の原料の違いに加え、麹の種類、蒸留の仕方によって全然香りと味わいが違ってきます。特に「常圧蒸留」という蒸留法の焼酎は、大変個性的で好みのスタイルを探せそうで、「減圧蒸留」という蒸留方法の焼酎は、エレガントで飲みやすいスタイルのものが多いです。

原料の良し悪しもさることながら、『醸造』によってスタイルを表現することの面白さを感じました。また、『ふくよかで、滑らか、上品で、華やか。白い果物の香りと花の香り・・・』『爽やかでコクのある、バランスのとれた、キレがあり、クリーン・・・』と表現の方法もワインと似ているのにも感心しました。
県内にも多くの焼酎があり、味わいもスタイルも様々。おもしろいです。

世界中の蒸留酒の中で、「焼酎」というお酒は、珍しいものだそうです。まず、原酒を20度や25度に割って瓶詰していて、風味を楽しめる事、そして更に、お湯や水で割ったりしてもその焼酎の個性を楽しめる蒸留酒。
h-IMG_0018.jpg h-IMG_0029.jpg
そして、ワインの方は、都農ワインの2004年から2006年までのシャルドネ3タイプの垂直テイスティング。年による色、香り、味わいの違い。熟成によってワインがどのように変化していくのかを分析しながらテイスティングしました。ビンテージによる作柄の違いもあるのですが、どきどきのテイスティングでした。

都農ワインに感じられるミネラル感や豊かな香り、味わい深さは、ヨーロッパのワインに引け目をとらない、素晴らしいワインだと1995年の世界最優秀ソムリエコンクールで優勝をした田崎真也氏から嬉しい言葉もいただきました。

最後にソムリエやワインの有資格者は、ワインの事を詳しくしている事は当たり前で、地元にある酒や食べ物、文化を学んでサービスすべきだとおっしゃっていました。
ワインを難しく感じられた方もいるかもしれませんが、ワインが身近に感じ、もっと気軽に楽しめるお酒になれるといいなと感じました。

赤尾
  1. 2008/03/04(火) 22:55:35|
  2. 号外!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<オーストラリアワイン ワインセミナー | ホーム | エレガントな極上の甘口ワイン>>

コメント

野口さんへ

焼酎の味わいも醸造方法も奥深いんだなと感じました。
美味いものは、美味い!が最高ですけどね。

地元にある美味しいもの。
旅に出ると見つかりますよね。
先月行かれた、スペイン、イタリアでも
美味しい出会いがいっぱいあったんでしょうね。
  1. 2008/03/06(木) 21:15:41 |
  2. URL |
  3. 赤尾 #-
  4. [ 編集]

ワインも焼酎も原料は同じでも組み合わせ無限大なのですね。楽しくて止められませんね。皆さんの生活を背負っていらっしゃるので冒険あまり出来ないのが残念。
美味しいデザートワインが出来た様ですね
旅をしていると食事とワインは必ずその地方の美味しいものが有りますものね。
  1. 2008/03/06(木) 16:26:49 |
  2. URL |
  3. 野口 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsunowine55.blog46.fc2.com/tb.php/280-a5385079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ようこそ都農ワインへ!!


小畑 暁      赤尾誠二



キャンベル 甘口ワインの最高峰

カテゴリー


都農ワイン [TSUNOWINE]


rola.gif

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

都農ワインサイト内リンク

このブログをリンクに追加する

コミュニティー リンク

ぶどう園の四季(hyakusyo)

角田発 田んぼ通信

ワインと日々のお惣菜

よし子ちゃんの九州・鹿児島レポート

ニューヨーク時々ワイン

Akko’s favorite

宮崎で美味しいものを

銭屋亀ゑ門 子育て四方山話

グランドスラム

死ぬまでにしたい10億のこと

葡萄のねっこ

pinot-noir

篠原ぶどう園

:ぶどう畑:

在宅ワーカーどたばた日記

べんちゃん日記

自家製麺 縁らぁめん

Reef city Tours

なないろ屋

Dance(六本木)

寄り道主義のデザインライフ

梅もんじゃ けんぼー農園

オーストラリア移住計画~まずはアデレードより’07

◆ Mangiare Felice ◆ 食べて飲んで幸せ

お食事処 田舎家

日本ワイン伝道師

Nandemo勝手に広報部

最近のトラックバック

月別アーカイブ

プロフィール


小畑 暁(おばたさとる)
1958年:北海道旭川生れ
帯広畜産大大学院修了(農産化学専攻) 、1984年:海外青年協力隊員としてボリビアへ
1988年:南九州コカ・コーラ海外事業部就職 関連ワイン会社にてワイン醸造研修 1992年:ブラジルの現地法人ワイン工場に支配人として赴任、ブラジルのワインコンテスト新酒部門で1位に入賞
1996年:(有)都農ワインに工場長として就任
2001年:県地域づくり奨励賞受賞

そして:

赤尾誠二(あかおせいじ)
1974年:宮崎県児湯郡川南町生まれ
1993年:高鍋農業高校卒業
同年4月:技師として都農町役場に採用、宮崎県食品加工開発研究センター微生物応用科で一年間研修、都農町果実酒醸造研究所にて3年間の試験醸造に携わる
1994年:山梨のワイナリーにて研修
1996年から都農ワイナリーで栽培、醸造に携わる
2000-2001年:カリフォルニア サクラメントで開催されたUnified Wine&Grape Symposiumに出席
2006年2月:日豪交流事業の一環として、日本を代表して、豪ティンタラワイナリーで2ヶ月半の醸造研修
豪交流年プレスにて紹介
同年8月都農町役場退職、有限会社 都農ワイン就職、工場長代理となる。

お問合せ

(有)都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501FAX:0983-25-5502
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。